激しい炎で土を焼く
昔ながらの陶器づくりは
自然の恵みと
生きる楽しさを
考えさせてくれます

Firing clay in a roaring flame,
making pots as in olden times
ー Then we know
the blessing of nature 
and the joy of life

 

白雲窯 村山光生・綾子

白雲窯は1983年に京都・綾部市で開窯。 独自に考案した『西洋式薪窯』で焼成。
窯内の圧力を上げ、還元焼成をかけ、一日で焼き上げる薪窯で、
主に青磁・灰釉・焼締・白釉・黒釉の伝統的な手法で制作。全国各地で個展を中心に活動。
昨今は沖縄から北海道まで各地の陶芸家にこの『西洋式薪窯』の築窯と焼成技術の指導を実行している。